pizzacat83 さんはインスタンス utodon.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

AIがすごいんじゃなくて人間を買いかぶりすぎてきたんだ

キズナアイだったかなんだったか、知識をインストールみたいなことを言った人がいたけど、インストールの時に依存性解決とかするんだろうな。インストールまでできなくてもいいから、知識の依存性グラフだけでもほしい。

AI技術が発展すると人間に一番適した労働が肉体労働になり、人間を汎用ロボットと捉えて最適な制御を求める理論が発展していくと予見している。

パッと思いついた命題の略証とか反例とかをすぱぱっと思い浮かべられるとスカッとする。1年次の数学もこれくらいのレベルに持っていきたい。

元号が廃止または形骸化したら、次の時代の人たちは「○○元年」という表現を、本来の意味を知らずに使っていくのだろうか。或いは表現が廃れて「昔は元号制度というものがあって」と古文の先生が解説するのだろうか。

Googleの検索エンジンは固有値問題の応用らしい。

マネジメントをちゃんと勉強すると面白い気がする。何も知らないけど。

線形代数の知識をそこそこ身につけた今、大学入試にありがちな「写像の中身はなんだろな」をその知識で殴れないだろうか(手元に適当な問題がない)

‪いやこれ言うの50回‬目とかなんですが人間がローマ字入力でスラスラと「ライブラリー」のような原語ではlだったりrだったりする単語を音写してrに統一されたローマ字に変換しキーを打てるのめちゃくちゃすごいと思うんですよ
「ライブラリー」は日本語として定着しているからなのかもしれないけど別に聞いたことない英単語でも聞き取れれば即座に音写してローマ字タイピングできる人多いと思う

名もなき式を再発明する

小さい頃魔法のようだと思っていた公式を今見返すと案外自明である。

thirteen -> derizehn
thirty -> dreißig

アラビア数字を即座にドイツ語読みできないとお話にならないと思ったから、超高速で1-9, 1-99, 100以上の単語帳周回してる

完璧な翻訳システムができたら、世界の言語はある程度統一されてくると思った。完全に統一とは行かないまでも、語順が世界共通とかにはなりそう。

先に1の位を読む癖をつけて、10の位をzehnと言い間違いやすいのでthirtyを思い浮かべるとよさそう

billionが言語によって値が変わるのダメでしょ(と言いつつ、実は日本語も他の漢字文化圏と値が違う位の名前があったりして) en.m.wikipedia.org/wiki/Billio

ドイツ語で数字を上から読んでいって最後1の位→10の位で読むの、10代のdreizehnとかとの統一性を考えると逆に便利。1と2は別としてとりあえず1の位を読んで、10の位が1ならzehnをつけて違ったらundzwanzigとか言えばいい。
まあ1番わかりやすいのは日本語同様10代でも上から読む方式だと思うけど。